電撃性紫斑病と敗血症

電撃性紫斑病と敗血症

電撃性紫斑病と敗血症

肺炎球菌性敗血症は合併症として電撃性紫斑病を発症することがあります。肺炎球菌性敗血症になる事から電撃性紫斑病を引き起こすことはあるのか、肺炎球菌による敗血症で電撃性紫斑病を伴うのはどうしてなのか、髄膜炎菌性髄膜炎で敗血症になり電撃性紫斑病になることはあるのか、などを紹介したいと思います。

 

肺炎球菌性敗血症による電撃性紫斑病を引き起こす事はあるのか

肺炎球菌性敗血症になる事から電撃性紫斑病を引き起こすことがあります。敗血症のショックから電撃性紫斑病を合併してしまうことがあるのです。そうなった場合には一刻も早く治療をしなければ危険が伴います。

 

肺炎球菌による敗血症で電撃性紫斑病を伴うことがあるのは何故なのか

肺炎球菌で敗血症になるのは非常に稀なこととされています。しかし発症してしまった場合には命に関わることがあり、さらに敗血症にかかってしまうと壊疽を生じてしまうことがあるため、それによってさらに電撃性紫斑病が引き起こされることがあります。どちらにしても稀なことでそれほど数は多くありません。

 

髄膜炎菌性髄膜炎で敗血症になり電撃性紫斑病を合併することはあるのか

髄膜炎菌性髄膜炎は伝染病で伝染することがあります。髄膜炎菌性髄膜炎になると血液の中で髄膜炎菌が増えていくことによって敗血症を引き起こします。それによってさらに電撃性紫斑病を合併することがあるのです。劇症型になると死亡率は50%になります。

 

肺炎球菌性敗血症などから合併症として電撃性紫斑病が発症することがあります。また伝染することがある髄膜炎菌性髄膜炎からも電撃性紫斑病は発症します。どちらも治療を迅速に行わなければ死亡することがあり、治療を適切に行っても致死率は高くなります。

スポンサーリンク