電撃性紫斑病と髄膜炎菌

電撃性紫斑病と髄膜炎菌

電撃性紫斑病と髄膜炎菌

髄膜炎とは風邪が悪化した時などに脳脊髄液に炎症が起こることによって起きるものですが、髄膜炎菌は伝染性のある病原体です。この髄膜炎菌が敗血症となり、電撃性紫斑病を引き起こすことがあります。髄膜炎菌から電撃性紫斑病を引き起こすとどのようになるのか、電撃性紫斑病を引き起こさないように髄膜炎菌に有効なものはないのか、日本では電撃性紫斑病を引き起こす髄膜炎菌の感染は多いものなのか、などを紹介したいと思います。

 

髄膜炎菌から電撃性紫斑病を引き起こすとどのようになってしまうのか

髄膜炎菌は感染する病気ですので、人から人へとうつります。髄膜炎菌から敗血症になってしまうと、電撃性紫斑病が引き起こされ、紫斑などが広がり四肢などが壊死することによって切断しなければならなくなったり、最悪死亡するケースがあります。

 

電撃性紫斑病を引き起こさないようにする方法はないのか

髄膜炎菌から電撃性紫斑病が引き起こされることがありますが、髄膜炎菌に何か効果的なものはないのかというと抗生物質があります。抗生物質は有効とされていますが、進行が早い時には効果が現れないこともあるのです。

 

近くに髄膜炎になった人がいた場合には予防として早めに抗生物質を飲むような対策が必要です。

 

日本では電撃性紫斑病を引き起こす髄膜炎菌に感染することは多いのか

電撃性紫斑病を引き起こすことがある、髄膜炎菌の感染は日本では少ないとされています。

 

日本人がどうして感染しないのかどうかの理由ははっきりしていませんが、それほど感染例もなく大きく広がっていくことも過去には報告がないようです。

 

髄膜炎は感染するもので髄膜炎菌によって敗血症になると、電撃性紫斑病を引きおこすことがあります。

 

過去には髄膜炎菌に感染することによって電撃性紫斑病になり死亡するなどの事例が起こったことがありますが、日本ではそれほど症例は多くなく、髄膜炎菌は感染していくようですが、日本では大きな感染例はあまりないとされています。

スポンサーリンク