電撃性紫斑病と感染

電撃性紫斑病と感染

電撃性紫斑病と感染

小児の電撃性紫斑病は発症する前にウイルス性の疾患に感染することが原因で起こることがあります。小児が電撃性紫斑病を発症した場合どのような感染症にかかっていることが多いのか、電撃性紫斑病はどのくらいの致死率がある病気なのか、電撃性紫斑病はどのような症状の時に疑ったらよいものなのか、などを紹介したいと思います。

 

小児が電撃性紫斑病を発症している場合の病気について

小児が電撃性紫斑病を発症する前には、発症する前に水痘や連鎖球菌感染に感染したことがあることで原因で、発症する事が多いと言われています。アレルギー紫斑病などと似ているところがありますが、アレルギー紫斑病では紫斑や腹痛、関節痛などが出る事が多いですが、電撃性紫斑病の場合、紫斑だけでなく壊疽してしまう事があるのが特徴です。

 

電撃性紫斑病はどのくらいの死亡率がある疾患なのか

電撃性紫斑病は急性進行性の紫斑病といわれているもので、すぐに治療を行った場合でも4割近くは死亡してしまうことがあるといわれている疾患です。生存した場合でも、紫斑の部分から壊疽することで切断しなければならないことがある恐ろしい病気です。

 

電撃性紫斑病はどのような症状が出たら疑った方が良いのか

電撃性紫斑病は最初は普通の風邪のような症状が出ることがあり、症状として全身に紫斑が出ることで疑うことが出来ます。大人の場合、肺炎球菌に感染したことがある人が発症しやすいと言われており、進行が早い紫斑病です。

 

電撃性紫斑病は小児の場合、電撃性紫斑病を発症する前にウイルス性の疾患にかかったことがあることで発症することがあるようです。大人が電撃性紫斑病にかかった場合には、以前に肺炎球菌に感染したことがある人が発症しやすいと言われています。

スポンサーリンク