電撃性紫斑病とワーファリン

電撃性紫斑病とワーファリン

電撃性紫斑病とワーファリン

先天性PC欠損症(ヘテロ接合体)の場合ワーファリンを服用すると電撃性紫斑病を引き起こすことがあると言われています。ワーファリンを服用することで電撃性紫斑病を引き起こすのはどうしてか、先天性PC欠損症(ヘテロ接合体)で電撃性紫斑病にならないためにワーファリン服用は絶対にやめた方が良いのか、プロテインS欠乏症になると電撃性紫斑病を引き起こすことがあるが、他にはどのような症状が起こることがあるのか、などを紹介したいと思います。

 

ワーファリンを服用することで電撃性紫斑病を引き起こしてしまうのはなぜか

先天性PC欠損症でヘテロ接合体の場合にはワーファリンを服用することで、PCの活性が低下するため、電撃性紫斑病を引き起こしてしまうことがあります。先天性PC欠損症のホモ接合体では起こらないため、ヘテロ接合体での服用でワーファリンの服用を気を付ける場合があります。

 

先天性PC欠損症(ヘテロ接合体)で電撃性紫斑病にならないようにするためには

先天性PC欠損症(ヘテロ接合体)でワーファリンを使用すると電撃性紫斑病になるリスクがあるため使用は禁止なのかというと、ワーファリンを導入する時が非常に危ないとされているため、そのような時にはヘパリン類のフラグミン・オルガラン・アリクストラ・クレキサンのような薬剤を併用すると電撃性紫斑病になるリスクを減らすことが可能です。

 

プロテインS欠乏症は電撃性紫斑病の他にどのような症状を引き起こすのか

プロテインSが欠乏することで、電撃性紫斑病が発症することがあります。女性の場合には、習慣性流産などを引き起こしたりすることもあり、他には四肢の壊死、腎不全、脳梗塞など重篤な症状を引き起こすこともあるため、速やかに治療を行わなければならないでしょう。

 

先天性PC欠損症(ヘテロ接合体)の場合には、ワーファリンを服用することで電撃性紫斑病が引き起こされてしまうことがあると言われています。そのような場合にはワーファリンを服用とともにヘパリン類のフラグミン・オルガラン・アリクストラ・クレキサンのような薬剤を併用していくことで電撃性紫斑病を発症するリスクを減らしていくことが出来ます。

スポンサーリンク