電撃性紫斑病とプロテインC

電撃性紫斑病とプロテインC

電撃性紫斑病とプロテインC

電撃性紫斑病の治療薬してプロテインC製剤が有効とされています。電撃性紫斑病は血液が固まりやすくなってしまうことで悪化してしまう病気ですが、プロテインCによって改善することができます。電撃性紫斑病に有効なプロテインCとはどのような薬なのか、新生児で電撃性紫斑病を発症した場合のプロテインCは有効なのか、電撃性紫斑病に有効なプロテインCと一緒に使用しないほうがよい薬とは、などを紹介したいと思います。

 

電撃性紫斑病に有効なプロテインCとは

電撃性紫斑病は血栓が出来てしまう事によって悪化する病気です。この電撃性紫斑病に有効なものとしてプロテインC製剤がありますが、プロテインC製剤は血液が固まってしまうのを抑えてくれる働きがある薬剤です。静脈注射などで使用することによって、体の中ですぐに働くことが出来ます。

 

新生児で電撃性紫斑病を発症している場合のプロテインCの有効性について

新生児の中で生後すぐに電撃性紫斑病を発症する場合があります。出血が起こったり紫斑が出たりするのと共に、さまざまな部分に壊死がおこることがあり、そのような時にプロテインCを使用して治療するのは有効です。

 

電撃性紫斑病に効果的なプロテインCと使用してはいけない薬とは

プロテインCは血栓を作らないようにしてくれることで電撃性紫斑病に非常に有効と言われていますが、そのプロテインCとワーファリンを併用すると、全くプロテインCの作用がなくなることから使用は禁忌とされています。ワーファリンはビタミンK拮抗薬なので、プロテインCの作用を低下してしまうのです。

 

プロテインCは電撃性紫斑病での症状で血栓が出来てしまうのを防いでくれる役割をしてくれるので非常に有効な薬剤とされています。しかしプロテインCとワーファリンを併用してしまうと、プロテインCの効果が低下してしまうため、プロテインCを使用する時にはワーファリンの導入には気を付けた方がよいでしょう。

スポンサーリンク