成人の電撃性紫斑病

成人の電撃性紫斑病

成人の電撃性紫斑病

電撃性紫斑病は小児や新生児などがかかる疾患ですが、成人も発症することがあります。電撃性紫斑病が成人におこるとどのような症状がでるものなのか、電撃性紫斑病はどのようなことが原因で起こることがあるのか、電撃性紫斑病はどのような症状がでるのか、などを紹介したいと思います。

 

電撃性紫斑病を成人が発症するとどのようになるのか

電撃性紫斑病は基本的には小児や新生児がかかりやすい疾患です。しかし成人が発症すると死に至ることがある怖い病気です。発症すると軟部組織に壊死が起こったり、多臓器不全が起こったりすることがあります。成人が発症すると小児よりも症状が重いことが多いです。

 

電撃性紫斑病が起こる原因はどのようなものなのか

新生児が電撃性紫斑病を発症する原因としては、遺伝的欠損やプロテインC突然変異などによって起こる原因が多いとされています。小児の場合はウイルス性の病気にかかることが原因で発症することがあるとされています。アザなどの紫斑が出たり、壊疽が出るのが電撃性紫斑病の特徴的症状です。

 

電撃性紫斑病はどのような症状がでるのか

電撃性紫斑病は紫斑などが出現し、紫斑とは別に水疱のようなものが出来ることもあります。

 

痛みなどを伴うことも多く、組織が壊疽してしまうこともあり、死亡することも多い疾患です。

 

壊疽はさまざまなところに起こり、壊死した部分は切断しなければならない事になります。

 

電撃性紫斑病はとても怖い疾患で、小児や新生児が発症することがありますが、成人でもかかることがあります。紫斑がでるだけでなく、痛みが発症したり、さまざまな部分に壊死が起こることもあり、壊死した部分は切断しなければならなくなったり、そのために死に至ることもあります。

スポンサーリンク