血栓性血小板減少性紫斑病は後天性なのか

血栓性血小板減少性紫斑病は後天性なのか

血栓性血小板減少性紫斑病は後天性なのか

血栓性血小板減少性紫斑病のほとんどは後天性のものであると言われています。中には先天性の血栓性血小板減少性紫斑病もありますが数少ないです。後天性の血栓性血小板減少性紫斑病はどのくらいの年齢層に多いものなのか、血栓性血小板減少性紫斑病の後天性の治療方法はどのようなものなのか、後天性の血栓性血小板減少性紫斑病の致死率はどのくらいなのか、などを紹介したいと思います。

 

後天性の血栓性血小板減少性紫斑病はどのくらいの年齢層に多いのか

後天性の血栓性血小板減少性紫斑病は100万人に4人くらいといわれているとても数少ない病気ですが、小児から大人まで発症すると言われています。40歳代くらいでは女性の割合が高くなりますが、60歳代になると男性の割合が高くなってきます。生後まもなく発症することもありますし、60歳すぎてから発症することもあります。

 

血栓性血小板減少性紫斑病の治療方法はどんなものか

血栓性血小板減少性紫斑病は病気が分かった段階で早く治療をはじめなければならないとされている病気で、治療方法は血漿交換が有効とされています。保険適用内で行える範囲が決まっているので保険適用外にならないよう気を付ける必要があります。

 

後天性血栓性血小板減少性紫斑病の致死率について

後天性の血栓性血小板減少性紫斑病は血漿交換の治療法が確立されていない時には以前の致死率は9割でした。今は血漿交換があるため、致死率は2割程度とされていますが中には重症化する人もいるので注意が必要です。

 

血栓性血小板減少性紫斑病には先天性のものと後天性のものがあり、ほとんどが後天性の血栓性血小板減少性紫斑病とされています。後天性の血栓性血小板減少性紫斑病は血漿交換がとても有効な治療法としていて、以前であれば9割の致死率が今では2割程度となっています。

スポンサーリンク