単純性紫斑病の症状

単純性紫斑病の症状

単純性紫斑病の症状について

単純性紫斑病は点状の出血斑が多数現われます。その出血斑はあらゆる場所に拡がります。色素の痕が残るケースもあります。若い女性に多く見られ、四肢や臀部によく見られます。紫斑は血管や血小板の異常など重い病気の前兆のこともありますので一度は血液専門の医師の検査を受け、血小板の機能に異常がないかを確かめておきましょう。

 

症状

単純性紫斑は20代の女性に多く見られる疾患で、四肢、特に下腿や臀部に点状の出血斑が拡散します。出血斑の形は盛り上がっておらず、平らでしこりもありません。ほとんどの場合、かゆみや痛みを伴うこともありません。全身症状もなく、合併症の危険や重篤になるケースもありません。色素が沈着して痕が残る場合があるだけです。また、再発を栗前します。

 

原因

単純性紫斑病の詳しい原因は分かっていません。疲労を感じている時や月経の時に症状が悪化する傾向にあります。また、高齢者やステロイドを使用している人に見られることもあります。季節的には春と秋に多く発症する傾向があるようです。血液検査でも異常が認められることが少ないので、おそらく毛細血管の弱さが関係しているのではないかと考えられています。

 

アレルギーとの関連

特定の物質に対するアレルギー反応が原因とも言われています。アレルギー性紫斑病の軽症型と判断されることもあるようです。特に疲れているときや、女性では生理中に悪化することが多いようです。他の紫斑病との区別が大切です。特に初期のアレルギー性紫斑病との区別が難しいので紫斑が現われたらすぐに病院で検査をすることが大切です。

 

血液検査では血小板数、出血時間、プロトロンビン時間(止血時間)が正常です。単純性紫斑病は数週間で良くなりますが、再発の多い病気です。安静にしてスポーツは避けましょう。

スポンサーリンク