血栓性血小板減少性紫斑病の退院指導

血栓性血小板減少性紫斑病の退院指導

血栓性血小板減少性紫斑病の退院指導

血栓性血小板減少性紫斑病はとても難しい病気ですので、退院できることがあっても退院指導をきちんと受ける必要があります。血栓性血小板減少性紫斑病で病院から退院する場合、どのような退院指導を受けるのか、血栓性血小板減少性紫斑病は完治する病気なのか、血栓性血小板減少性紫斑病で飲んではいけない薬などはあるのか、などを紹介したいと思います。

 

血栓性血小板減少性紫斑病で退院する時の指導について

血栓性血小板減少性紫斑病は難病なので自己管理がとても難しい病気です。入院する必要がなくなり退院することがある時には退院指導を受けます。どのような指導かというと、きちんと決められた薬などを忘れないようにすることや、出血することがあったらすぐに病院へ報告する、定期的な受診はきちんと行う事や、規則正しい生活をする、など様々なことが指導されます。

 

血栓性血小板減少性紫斑病の完治について

血栓性血小板減少性紫斑病は難病ですので完治する、ということはありません。しかし症状があまり出なくなり日常生活に支障がでないほど軽度になる人もいます。治ったと思われがちですが、再発したり繰り返し症状が起こったりすることがあります。

 

血栓性血小板減少性紫斑病になってから飲んではいけない薬とは

血栓性血小板減少性紫斑病は血栓ができることで悪化してしまう病気なので、血栓が出来やすくなる薬は禁忌です。女性の場合、例えばピルなどは血栓症になるリスクが非常に高くなるため、飲んだことで血栓性血小板減少性紫斑病が悪化することが考えられるため、飲まない方が良いでしょう。

 

血栓性血小板減少性紫斑病で予後がよくなり退院する場合には、退院指導をきちんと受けます。

 

自宅では薬などの服用は忘れては困るので、きちんと管理する必要があります。普通の風邪などと違って、薬を飲み忘れただけで命に関わることもあるため、飲み忘れないように気を付ける必要があります。

スポンサーリンク