血栓性血小板減少性紫斑病の再発

血栓性血小板減少性紫斑病の再発

血栓性血小板減少性紫斑病の再発

血栓性血小板減少性紫斑病はなかなか繰り返し起こり慢性型になったりすることもあり、良くなったと思ったら再発するケースもあります。血栓性血小板減少性紫斑病は再発することはあるものなのか、後天性の血栓性血小板減少性紫斑病に有効な血漿交換をしても再発はあるのか、血栓性血小板減少性紫斑病で人工透析を受けなければならなくなる人もいるのか、などを紹介したいと思います。

 

血栓性血小板減少性紫斑病は再発するのか

急性の血栓性血小板減少性紫斑病は治癒するということはありませんが、症状が良くなる状態になっていきます。しかしまた同じように症状が出る再発することがあり、再発を繰り返すことで慢性化してしまうことがあります。

 

血栓性血小板減少性紫斑病に有効な血漿交換をしても再発はあるのか

後天性の血栓性血小板減少性紫斑病には血漿交換がとても有効とされていますが、この血漿交換をしても3割〜5割くらいで再発してしまうことがあります。また再発した後に、血漿交換をした場合には、最初よりも有効率が下がってしまい3割くらいにしか効果がなくなってしまうことがあります。

 

血栓性血小板減少性紫斑病で人工透析しなければならない人はいるのか

血栓性血小板減少性紫斑病を発症して後遺症として腎不全になってしまうことがあります。

 

腎不全になると人工透析をしなければならないため、人工透析をする人も出てきます。

 

一時的な重症の場合には、血液透析をすることがあります。

 

急性の血栓性血小板減少性紫斑病は完全に治癒するという形には難病なのでありませんが、症状がおさまり普通の生活が出来るようになる人もいますが、しばらくして再発する可能性もあります。

 

また何度も症状を繰り返してしまうことで、慢性化してずっと治療をしなければならない人もいます。

スポンサーリンク