血栓性血小板減少性紫斑病の経過

血栓性血小板減少性紫斑病の経過

血栓性血小板減少性紫斑病の経過

血栓性血小板減少性紫斑病はどのような経過を辿っていくのか、先天的なものと後天的な血栓性血小板減少性紫斑病で内容が変わってきます。先天性の血栓性血小板減少性紫斑病はどのような経過を辿るのか、後天性の血栓性血小板減少性紫斑病はどのような経過をたどるのか、血栓性血小板減少性紫斑病は自然経過で治癒することはあるのか、などを紹介したいと思います。

 

先天性の血栓性血小板減少性紫斑病の今後の経過とは

血栓性血小板減少性紫斑病は先天性と後天性のものがありますが、先天性のものは定期的に血液に含まれている血漿を輸注していくことが治療となっていて、ADAMTS13酵素を補充していくことくらいしかありません。なかなかその先のはっきりとした治療がみえていないのが現状ですが未来にさらに進化した治療が出来ることを期待されています。

 

後天性の血栓性血小板減少性紫斑病のこれからの経過は

後天性の血栓性血小板減少性紫斑病については、血漿交換療法が取りいれられてからかなり治療として内容が向上し、良くなっていく人も増加しました。しかし中には重症化する人がいたり他の病気を発症することもあり、そのような治療も含め治療法が確立されていくことを期待されています。

 

血栓性血小板減少性紫斑病は自然経過で治癒できるものなのか

血栓性血小板減少性紫斑病は薬物治療はしなくてはなりませんが、自然経過で治癒できる人も中にはいます。症状がでなければ普通の日常を過ごすことが出来るので、他の病気なども併発しないように毎日心掛けていくと良いでしょう。

 

血栓性血小板減少性紫斑病の今後の経過については、先天性と後天性によって内容は少し違ってきます。どちらに関しても難病である血栓性血小板減少性紫斑病の治療がもっと確立してよりよい治療方法が見つかる事を期待されています。

スポンサーリンク