血栓性血小板減少性紫斑病の禁忌とは

血栓性血小板減少性紫斑病の禁忌とは

血栓性血小板減少性紫斑病の禁忌とは

血栓性血小板減少性紫斑病には禁忌なことがあり、血小板輸血をすることです。血栓性血小板減少性紫斑病に禁忌な血小板輸血はなぜしてはいけないのか、血栓性血小板減少性紫斑病の血漿交換はどのようにするのがベストな方法なのか、投薬する上で血栓性血小板減少性紫斑病にリスク因子になるものとは、などを紹介したいと思います。

 

血栓性血小板減少性紫斑病に禁忌な事とは

血栓性血小板減少性紫斑病にしてはいけない禁忌な事とは血小板輸血ですが、血小板輸血をしてしまうと血小板が固まってしまって、血栓が発生してしまうため避けなければならないこととされています。血小板が減少してしまう血栓性血小板減少性紫斑病であるのに血小板輸血は禁忌な事です。

 

血栓性血小板減少性紫斑病の血漿交換はどのようにするのが良いのか

血漿交換は血栓性血小板減少性紫斑病の治療方法ですが、できるだけ早い時間に血漿交換をすることが重要です。治療はつづけて行いステロイド療法を追加してします。血栓性血小板減少性紫斑病には血漿交換をすることで劇的によくなるため、必須となります。今まで治らなかった血栓性血小板減少性紫斑病も血漿交換をすることで良くなっていきます。

 

血栓性血小板減少性紫斑病に投薬する上でリスク因子になるものとは

血栓性血小板減少性紫斑病に投薬する薬剤でチエノピリジン系薬剤や経口避妊薬やインターフェロンなどはリスク因子と考えられているため気を付ける項目となっています。

 

血栓性血小板減少性紫斑病は血栓が出来てしまうと悪化することがあるため、血小板輸血をすることは禁忌です。血小板が減少するので血小板を輸血すればよいと考えがちですが、それは違います。

 

投薬する上でリスク因子などがあるものもあるため、気を付けながら治療をしていかなければならないでしょう。

スポンサーリンク