アレルギー性紫斑病の悪化

アレルギー性紫斑病の悪化

アレルギー性紫斑病の悪化

アレルギー性紫斑病は気を付けて生活しないと悪化してしまうことがあります。小児に多いアレルギー性紫斑病はどのような時に悪化してしまうものなのか、アレルギー性紫斑病は良くなっても再発することはあるのか、アレルギー性紫斑病にかかる原因にはどのようなものがあるのか、などを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病はどんな時に悪化してしまうものか

アレルギー性紫斑病は紫斑などの症状が出ている時には安静にしなければなりません。アレルギー性紫斑病は小児がかかる紫斑病なので、なかなか静かにしていることが難しい年齢の時にはたくさん動いたりして悪化してしまうこともあります。また冷えることで悪化したり、運動することで悪化することもあり、日々の生活を気を付けなければならないでしょう。

 

アレルギー性紫斑病は再発してしまうことはあるものなのか

アレルギー性紫斑病は一旦よくなっても、また数週間、数カ月、間があいて数年後などに再発してしまう可能性がある病気です。再発してしまうと紫斑病性腎炎を発症する確率が高くなり、腎炎が慢性化してしまうと人工透析を受けなければならないことになることもあるため、再発をしないよう定期的に検査などで確認していくと良いでしょう。

 

アレルギー性紫斑病にかかることのある原因とは

アレルギー性紫斑病にかかる前に伝染性の疾患にかかっていたり、扁桃炎などにかかっていたりすることでアレルギー性紫斑病を発症することがあるようです。また虫刺されなどが原因になってしまうこともあります。

 

アレルギー性紫斑病は紫斑などが出ている時には安静にしていなければならないものですが、なかなか安静にすることができなかったり、運動をしてしまったりすると悪化してしまうことがあります。また紫斑病性腎炎を発症したり、腸重積症を併発してしまったりすることもあります。

スポンサーリンク