アレルギー性紫斑病と腕

アレルギー性紫斑病と腕

アレルギー性紫斑病と腕

アレルギー性紫斑病の症状の紫斑は腕や足にあらわれることが多いです。アレルギー性紫斑病の症状の紫斑は腕などの他にどの部分に出ることが多いのか、アレルギー性紫斑病で紫斑のみということはあるのか、アレルギー性紫斑病で紫斑が出ている時には安静にしなければならない理由はどうしてか、などを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病の紫斑はどんな部分にあらわれることがあるのか

アレルギー性紫斑病の紫斑は腕や足の部分にあらわれることが多いですが、その他にも顔や背中などの部分にも出ることがあります。蕁麻疹に似ているので一見皮膚の病気と勘違いしやすいですが、押しても消えずまた痒みなどは伴わないのが紫斑です。

 

アレルギー性紫斑病で紫斑のみあらわれることはあるのか

アレルギー性紫斑病は色々な症状が出ることがありますが、紫斑のみあらわれることもあります。

 

紫斑は安静にしていればしばらくたって消える事が多いので経過観察だけで病院から帰れることもありますが、違う症状が発生した場合にはすぐに病院へ行った方が良いでしょう。

 

また紫斑が出ている時には運動などは避けた方が良いでしょう。

 

アレルギー性紫斑病で安静にしなければならない理由は何か

アレルギー性紫斑病で紫斑が出ているということは、毛細血管がもろくなって、血が漏れている状態になり内出血することで紫斑ができます。ですから安静にせずに運動してしまったり、はげしく動いてしまうとさらに内出血が増えてしまう原因になってしまうからです。

 

アレルギー性紫斑病の症状の紫斑は、腕や足、背中や顔などのいろいろな部分に出ます。紫斑は左右対称に出ることが多く、また紫斑を押しても消えることがないです。蕁麻疹などと違ってかゆみを伴うことはなく、痛みが発生することはあります。

スポンサーリンク