アレルギー性紫斑病と薬疹

アレルギー性紫斑病と薬疹

アレルギー性紫斑病と薬疹

アレルギー性紫斑病は一見湿疹のように見えるため、薬疹と勘違いされることがありますが、毛細血管が破れることによって内出血が起こっているため、薬疹ではありません。アレルギー性紫斑病と薬疹を間違えないようにするにはどのように見分けたら良いのか、アレルギー性紫斑病の症状はすぐに治まるものなのか、アレルギー性紫斑病の紫斑がなかなか消えない場合にはどのようにしたらよいのか、などを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病と薬疹をみわけるためには

アレルギー性紫斑病は紫斑は指などで押しても紫斑がなくなることはありません。また左右対称に出ることがあり、薬疹との違いが分かります。かゆみなどもほとんどなくどちらかというと痛みの症状が出る場合があります。そのような症状から薬疹との違いを見分けると良いでしょう。

 

アレルギー性紫斑病の症状はすぐにおさまるものなのか

アレルギー性紫斑病の症状はすぐによくなる人もいますが、繰り返しでたり、よくなったり悪くなったりする人もいて個人差があります。治ったと思ったらまた再発することもあるため、紫斑が出ていないか確認していくことが大切です。

 

紫斑がなかなか消えない時にはどのようにしたら良いのか

アレルギー性紫斑病の紫斑は出ている時にすることとしては安静にすることが一番です。入院したとしてもとにかく安静にしていることしかないので、自宅で療養の場合にも出来るだけ動かないようにして過ごすと紫斑が出にくくなっていくでしょう。

 

アレルギー性紫斑病は一見薬疹と見間違いしやすいものですが、薬疹とは違います。アレルギー性紫斑病の紫斑は左右対称に出ることが多く、また痛みなどを伴うこともあります。

スポンサーリンク