アレルギー性紫斑病と難病指定

アレルギー性紫斑病と難病指定

アレルギー性紫斑病と難病指定

紫斑病の中には難病指定されている紫斑病もありますが、すべての紫斑病が難病であるとは限りません。

 

アレルギー性紫斑病は難病指定されているものなのか、アレルギー性紫斑病以外で難病指定されている紫斑病はどのようなものがあるのか、紫斑病で難病指定されるとどのような助成を受けることが出来るのか、などを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病は難病指定されている紫斑病なのかどうか

紫斑病であっても全ての紫斑病が難病指定されているわけではなく、アレルギー性紫斑病は難病指定には入りません。アレルギー性紫斑病から紫斑病性腎炎を併発した場合などは、紫斑病性腎炎は難病指定なので医療補助などを受けることが出来るようになります。

 

アレルギー性紫斑病の他で難病指定されているものはどのようなものか

アレルギー性紫斑病は難病ではありませんが、どのようなものが紫斑病では難病指定になるのかというと、紫斑病性腎炎、特発性血小板減少性紫斑病、血栓性血小板減少性紫斑病の紫斑病が難病指定とされています。

 

紫斑病で難病の助成を受ける場合には

紫斑病の中でも紫斑病性腎炎、特発性血小板減少性紫斑病、血栓性血小板減少性紫斑病は難病指定なので医療費助成を受けることが出来ます。病気になったからといって自動的に助成出来るわけではなく、申請書などをきちんと書いて申し込みしなければならないため、申し込みをきちんとするようにしましょう。都道府県の窓口で申請をすることが出来ます。

 

紫斑病の中でアレルギー性紫斑病は難病ではありませんが、紫斑病性腎炎、特発性血小板減少性紫斑病、血栓性血小板減少性紫斑病は難病指定となり国から助成を受けることが出来ます。申請は自分で行う必要があるため申し込みをするようにしましょう。

スポンサーリンク