アレルギー性紫斑病と内視鏡

アレルギー性紫斑病と内視鏡

アレルギー性紫斑病と内視鏡

腹痛などが起こり紫斑などが出ていない場合、アレルギー性紫斑病と診断が難しい時があります。そのような時には内視鏡などを使って検査をすることがあります。アレルギー性紫斑病がなかなか分からない場合内視鏡検査をすることはあるのか、アレルギー性紫斑病と疑ったらどのような検査をするものなのか、アレルギー性紫斑病はすぐに入院しなければならないものなのか、などを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病の診断が判断できない時には内視鏡検査をすることはあるものなのか

紫斑が出ていないとなかなかアレルギー性紫斑病と判断することが難しいことがあります。腹痛などの痛みのみなどの場合には判断が難しく、内視鏡検査をすることがあります。そのような時には消化器内科へで行うことが多いので小さな病院で分からない時には消化器内科のある病院へ行った方が良いです。

 

アレルギー性紫斑病を疑った時にはどのような検査をするものなのか

アレルギー性紫斑病かどうかを疑った時には、血液検査、尿検査、皮膚検査などを行うことがあります。

 

血液検査でIgAの数値が増加している時には、紫斑病性腎炎を疑います。

 

アレルギー性紫斑病は入院はすぐにしなければならないものなのか

アレルギー性紫斑病でも症状によって、入院するかしないかが変わってきます。紫斑だけが出ていて他に症状などがない場合には、安静にして自宅で療養することがほとんどなので入院する必要はありません。しかし関節痛がひどかったり、腹痛がひどかったりする場合には、入院する必要が出てくることもあります。

 

紫斑がでていないアレルギー性紫斑病の場合、腹痛などの症状しかなく他に症状がない場合にはなかなかアレルギー性紫斑病だと分からないことがあり、内視鏡などの検査をして詳細に調べる場合もあります。

スポンサーリンク