アレルギー性紫斑病と腎臓

アレルギー性紫斑病と腎臓

アレルギー性紫斑病と腎臓

アレルギー性紫斑病に伴って引き起こされることがある病気として、紫斑病性腎炎があります。紫斑病性腎炎になってしまったらどのような治療をしていくものなのか、アレルギー性紫斑病から紫斑病性腎炎を併発した場合入院は必要になるのか、年齢によって紫斑病性腎炎の治りは変わってくるものなのか、などを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病から紫斑病性腎炎を併発してしまったらどのような治療をするものなのか

アレルギー性紫斑病から紫斑病性腎炎を併発してしまう可能性は半分くらいあると言われています。

 

もちろん再発してから起こることもあり、合併症になります。あまり症状がないのでわかりにくいですがとくに治療を要することがなくても治癒する事もありますが、血尿が出たり血液検査で腎機能が低下を認めるようであれば、投薬治療などを行う必要があります。

 

紫斑病性腎炎は入院は必要になるものか

アレルギー性紫斑病から合併症などで紫斑病性腎炎になった場合、治療が必要となってきますので入院が必要になります。投薬などの管理や腎生検が必要になる場合もあり入院は必須です。

 

個人差がありますが1ヵ月くらいから3ヵ月くらいかかる事もあります。

 

紫斑病性腎炎は年齢によって治りなどは変化していくものなのか

アレルギー性紫斑病から紫斑病性腎炎を併発してしまった場合、幼児などの場合ですとそれほど重症にならずに治ることが多いですが、学童期になった場合には治りが長引きやすいとも言われています。また大人になってから紫斑病性腎炎にかかるとさらに治りにくいと言われています。

 

アレルギー性紫斑病は紫斑病性腎炎を併発することがあります。30%くらいから半分くらいの確率で発症するようです。紫斑病性腎炎はとくに分かりやすい症状があるわけではないですが、血液検査を定期的にするなどして、見逃さないようにすることが大切です。

スポンサーリンク