アレルギー性紫斑病と唇

アレルギー性紫斑病と唇

アレルギー性紫斑病と唇

唇に水膨れのようなものが出来るとウイルス性のものなので、アレルギー性紫斑病と間違えることもあるかもしれませんが、ヘルペスが原因となっていることが多いです。アレルギー性紫斑病もウイルスから発症することがあるものなのか、アレルギー性紫斑病は唇に症状がでることはあるのか、アレルギー性紫斑病は大人でもなることはあるのか、などを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病はウイルス性のものが原因となることはあるのか

アレルギー性紫斑病は発症する前に風邪であったりウイルスのものが原因になっていることがあると考えられています。原因が特定されていないこともあるためはっきりとはいえませんがウイルスがアレルギー反応を起こし、血管に何らかしらの影響を与えてしまうようです。

 

アレルギー性紫斑病は唇に症状が出ることはあるものなのか

アレルギー性紫斑病はいろいろなところに紫斑などが出るのが症状ですが、唇に紫斑が出るということはあまり聞いたことはないようで、唇に水膨れのようなものが出来た場合にはヘルペスである事が多いです。

 

アレルギー性紫斑病は大人でもかかることはあるのか

アレルギー性紫斑病は小児がかかりやすいものとされていますが、大人もかかることがあります。症状は子供よりも重くなる傾向があるようです。また、紫斑病性腎炎を併発することが多くなるとも言われています。

 

アレルギー性紫斑病はいろいろなところに紫斑がでることがありますが、唇にはあまりでないようです。唇に何か出来た場合にはヘルペスであることが多いでしょう。アレルギー性紫斑病は小児がかかることが多い病気ですが、大人もかかることがあり重症化しやすいとも言われています。

スポンサーリンク