アレルギー性紫斑病と車椅子

アレルギー性紫斑病と車椅子

アレルギー性紫斑病と車椅子

アレルギー性紫斑病になってしまったら、安静にしなければならなかったりする時や関節痛などがひどかったりするような場合には、車椅子を借りて移動するのも良いでしょう。学校などに通っている子供がアレルギー性紫斑病の場合には車椅子を借りて生活したほうが良いのか、アレルギー性紫斑病にかかる人はどのくらいいるものなのか、アレルギー性紫斑病は大人でもかかりうる病気なのか、などを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病の子供は学校などで車椅子を使用した方が良いのか

アレルギー性紫斑病は小児に多い疾患ですが、とくに治療をずっとしなければならないほどの症状がなければ学校へも通えます。その場合運動などは制限しなければなりませんし、出来るだけ安静にしなければならないので、場合によっては車椅子などを借りて生活した方が良い時もあります。

 

アレルギー性紫斑病はどのくらいの人がかかっているのか

アレルギー性紫斑病は1万人に1人くらいの確率で発症すると言われている病気です。アレルギー性紫斑病は遺伝するわけでも、感染するわけでもありませんので、突然発症するものと考えられます。

 

アレルギー性紫斑病は大人でもかかることがあるのか

アレルギー性紫斑病は小児がかかる疾患ですが、大人でもかかることがあります。アレルギー性紫斑病から紫斑病性腎炎を発症するのは半分くらいと言われていますが、大人になってアレルギー性紫斑病を発症するとより紫斑病性腎炎を発症しやすいとも言われています。またその中からさらに重症の腎不全を起こす人も中には数パーセントですがいるようです。

 

アレルギー性紫斑病で学校などに通う小児は、出来るだけ動かない方がいいということもあり車椅子などを利用して生活すると良いでしょう。アレルギー性紫斑病で入院した場合にも、関節痛がひどかったり足で歩けないほどの痛みがある人は車椅子で移動することが多いです。

スポンサーリンク