アレルギー性紫斑病とインフルエンザ

アレルギー性紫斑病とインフルエンザ

アレルギー性紫斑病とインフルエンザ

アレルギー性紫斑病は感染症などがきっかけになって発症することがあり、インフルエンザの予防接種などからアレルギー性紫斑病を発症してしまうこともあるようです。アレルギー性紫斑病にかかってしまったらインフルエンザなどの予防接種は受けない方がいいのか、インフルエンザの予防接種がきっかけでアレルギー性紫斑病を再発することはあるのか、アレルギー性紫斑病はどのような病気がきっかけで起こることがあるのか、などを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病はインフルエンザなどの予防接種は避けた方が良いのか

アレルギー性紫斑病になってしまった場合には、インフルエンザなどの予防接種は受けたほうがいいのか悪いのかはきちんと医師に確認した方が良いですが禁止される方が多いでしょう。またインフルエンザの予防接種がきっかけとなってアレルギー性紫斑病を引き起こしてしまうこともあります。

 

インフルエンザの予防接種がきっかけでアレルギー性紫斑病を再発することはあるのか

インフルエンザの予防接種はアレルギー性紫斑病になると禁止されることもありますが、アレルギー性紫斑病が完治すれば大丈夫です。しかし、予防接種がきっかけとなってアレルギー性紫斑病が再発してしまう可能性もあります。稀に子供だけでなく大人もかかることがあります。

 

アレルギー性紫斑病はどのような事がきっかけで起こることがあるのか

アレルギー性紫斑病は小児が発症しやすい紫斑病ですが、虫刺されや細菌感染などの病気、風邪などのウイルス性の感染症などによって引き起こされることがあります。

 

アレルギー性紫斑病にかかってしまった人はインフルエンザのワクチンを打つのは医師に確認した方が良いでしょう。また、アレルギー性紫斑病がよくなったとしてもインフルエンザのワクチンを打ったことでまたアレルギー性紫斑病を再発してしまうこともあります。

スポンサーリンク