小児のアレルギー性紫斑病の治療

小児のアレルギー性紫斑病の治療

小児のアレルギー性紫斑病の治療

アレルギー性紫斑病は小児がかかる紫斑病ですが、特効薬がこれといってあるわけではないため、治療が確立されているわけではありません。アレルギー性紫斑病はどうやって治療していくのか、アレルギー性紫斑病はどのような症状が出るのか、アレルギー性紫斑病は小児の何歳くらいに多く発症するのか、などを紹介したいと思います。

 

小児がかかるアレルギー性紫斑病の治療方法とはどのようなものか

アレルギー性紫斑病は小児がかかりやすい紫斑病です。治療は確立されたものがはっきりあるわけではありませんが、症状によって変わってきます。紫斑だけが出ている症状であれば安静にするのが治療法となり、腹痛や痛みがひどい場合にはステロイド薬を使用して治療していくこともあります。腎症が出ている場合には腎臓の治療も併せて治療をしていきます。

 

アレルギー性紫斑病はどのような症状が出てくるものなのか

アレルギー性紫斑病は基本的にアザの紫斑がでてくるのが症状ですが、左右対称に出てきます。

 

内出血ですので安静にしていれば治ってきます。他には関節が痛くなったり、腹痛が出ることがあり耐えられない痛みが出る人もいます。

 

小児のアレルギー性紫斑病は何歳くらいの子供に発症しやすいものなのか

アレルギー性紫斑病は小児に発症する紫斑病ですが、だいたい2歳くらいから10歳くらいの小児に多く発症します。また男の子に発症しやすいとも言われています。風邪をひいた後や、感染性の病気にかかった後にかかることがあります。

 

アレルギー性紫斑病は小児の紫斑病ですが、これといって特効薬があるわけではなく、アレルギー性のものなので治療が確立されていないところが難しいとされています。症状としては、紫斑が出たり腹痛や関節痛などの痛みが出ることがあり、腎炎などを発症する人もいます。

スポンサーリンク