血栓性血小板減少性紫斑病と脳梗塞

血栓性血小板減少性紫斑病と脳梗塞

血栓性血小板減少性紫斑病と脳梗塞

血栓性血小板減少性紫斑病とは難病に指定されている紫斑病で、血栓性血小板減少性紫斑病にかかった人が脳梗塞を起こすと、脳の血管が詰まってしまっているため危険なことがあります。

 

血栓性血小板減少性紫斑病で脳梗塞を起こしてしまうとどのようになってしまうものなのか、血栓性血小板減少性紫斑病はどのような病気なのか、血栓性血小板減少性紫斑病をそのまま治療しないとどのようになってしまうのか、などを紹介したいと思います。

 

血栓性血小板減少性紫斑病で脳梗塞を起こしてしまった時には

脳梗塞とは脳の血管がつまってしまう病気ですが、同時に血栓性血小板減少性紫斑病を引き起こしている時には治療が難しく、命が危険なことも多々あります。血栓性血小板減少性紫斑病から腎不全を起こしていることも多く、腎不全を起こしている場合人工透析を受けなければいけなくなります。

 

血栓性血小板減少性紫斑病とは

血栓性血小板減少性紫斑病は難病で、小児から高齢者まで発症することがある病気ですが、30代〜50代に比較的多く発症します。血尿やタンパク尿が出ると、腎不全になり人工透析を受けなければならなくなる人もいます。

 

血栓性血小板減少性紫斑病の治療をしないとどのようになってしまうのか

血栓性血小板減少性紫斑病は、治療をしないと血栓症になる確率が非常に高く、最悪死亡してしまうことがあると言われているため、血栓性血小板減少性紫斑病と分かったら一刻も早く治療をしなければなりません。治療をすれば回復していくことはありますが、難病なので完治することは難しいでしょう。

 

血栓性血小板減少性紫斑病を発症している人が脳梗塞を起こすと、腎臓の透析をすることが難しくなるため、最悪死亡してしまうこともあります。血栓性血小板減少性紫斑病と分かったらすぐに治療を始めなければなりません。そのままにしていると命に関わる病気です。

スポンサーリンク