血栓性血小板減少性紫斑病と血小板輸血

血栓性血小板減少性紫斑病と血小板輸血

血栓性血小板減少性紫斑病と血小板輸血

血栓性血小板減少性紫斑病には血小板輸血は禁忌されています。血小板が固まってしまうことで血栓が出来てしまうため禁忌となります。血栓性血小板減少性紫斑病は血小板輸血は禁忌ですがどのような治療法があるのものなのか、血栓性血小板減少性紫斑病は治療しないと死亡してしまうことがあるのか、血栓性血小板減少性紫斑病になると後遺症としてどのような病気が併発されるのか、などを紹介したいと思います。

 

血栓性血小板減少性紫斑病はどのような治療方法があるのか

血栓性血小板減少性紫斑病は血小板輸血はしてはいけないとされていますが、どのような治療があるのかというと血漿交換療法をするのが一番の方法でしょう。またステロイドでの治療法があり短期間で多くの量のステロイドを使用して治療していくパルス療法という方法をとることもあります。

 

血栓性血小板減少性紫斑病は何もしないで治療しないと死亡してしまうのか

現在は血栓性血小板減少性紫斑病の治療法として血漿交換療法があり、生存率が非常に高くなっています。何もせずにそのままにしていると危険な状態になり死亡する確率が高くなるため、治療は必ず行わなくてはなりません。

 

血栓性血小板減少性紫斑病で後遺症が出るとするとどのような病気か

血栓性血小板減少性紫斑病は後遺症で腎不全の後遺症が出ることがあります。腎不全を併発してしまうと人工透析をしなければならなくなります。

 

血栓性血小板減少性紫斑病に対して血小板輸血は禁忌です。どうして禁忌なのかというと、血小板輸血することで血栓が出来てしまうからです。今は血栓性血小板減少性紫斑病の治療には血漿交換療法がありとても有効になり昔に比べて生存率が非常に高くなりました。

スポンサーリンク