血栓性血小板減少性紫斑病と遺伝

血栓性血小板減少性紫斑病と遺伝

血栓性血小板減少性紫斑病と遺伝

血栓性血小板減少性紫斑病は遺伝性のものが原因で発症することがあります。血栓性血小板減少性紫斑病はどのような遺伝性のものが原因で発症することがあるのか、先天的な血栓性血小板減少性紫斑病はどの時期に発症するのか、血栓性血小板減少性紫斑病は薬を使用していることによって引き起こされる事はあるのか、などを紹介したいと思います。

 

血栓性血小板減少性紫斑病が遺伝性が原因になる事はあるのか

血栓性血小板減少性紫斑病は遺伝性のものが原因で発症することがあります。両親共に血栓性血小板減少性紫斑病にかかっているわけではなく、両親が欠陥の遺伝子をもっていることによって、血栓性血小板減少性紫斑病が発症するということです。

 

先天的な血栓性血小板減少性紫斑病はいつ発症するものなのか

先天的な血栓性血小板減少性紫斑病をもって生まれてきた場合、いつ頃発症するのかというと生まれてすぐに発症する人もいますし、小学生にあがってから発症する場合、大人になってから発症する場合などいろいろな年齢があり、これといって決まった年齢層はないようです。

 

血栓性血小板減少性紫斑病は薬によって引き起こされることはあるのか

血栓性血小板減少性紫斑病は使っている薬剤によって引き起こされることもあります。どのような症状が出るのかというと、発熱・紫斑が出る・出血・眩暈・痙攣・眠気などの症状が出るようです。いつもと違った症状が薬を飲んで出た場合には、すぐに病院へ行ったほうが良いでしょう。

 

血栓性血小板減少性紫斑病は先天性のものと、後天性のものがあります。先天性のものは両親が血栓性血小板減少性紫斑病の病気を持っていなくても、欠陥の遺伝子がある場合発症することがあります。

 

また薬で発症してしまうこともあるため、薬を飲んでいて症状が何か出ている場合には医師に相談することが大切です。

スポンサーリンク