アレルギー性紫斑病の痛み

アレルギー性紫斑病の痛み

アレルギー性紫斑病の痛み

アレルギー性紫斑病は紫斑が出る症状が主になっていますが、痛みなどを伴うこともあります。アレルギー性紫斑病はどのような痛みを伴う症状が出るものなのか、アレルギー性紫斑病の症状は痛みの他にどのようなものがでるのか、アレルギー性紫斑病とただの腹痛と勘違いされることはあるのか、などを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病は痛みはどのようなものが出るのかどうか

アレルギー性紫斑病は痛みなどの症状が出ることもあります。主に腹痛や関節痛などの痛みが出ることがあり、血便や血尿などが出てしまう事もあり、症状が酷い時には入院をして治療していきます。

 

点滴をしたり、ステロイド薬などを使用して治療していきます。

 

アレルギー性紫斑病は痛みの他の症状はどのようなものなのか

アレルギー性紫斑病の症状として痛みの他には紫斑の症状が出ますが、左右対称にでると言われています。

 

また、むくみなどを感じたり、下痢や嘔吐、全身のだるさなどの症状が出る人もいます。個人差がありますので、いろいろな症状が出る人も出ない人もいます。新しい症状が出た場合にはすぐに医師に相談する方が良いでしょう。

 

アレルギー性紫斑病とわからない場合もあるのかどうか

病院で腹痛などや下痢などの症状しか出ていない場合には、アレルギー性紫斑病と分からずただの腹痛などと勘違いされてしまうこともあります。紫斑などの症状がすぐに分かればアレルギー性紫斑病と判断しやすいですが、分からないこともあるため、症状が変われば違う病院に行くこともお勧めします。

 

アレルギー性紫斑病は痛みの症状などが出ることもあり、腹痛や関節痛などの痛みが出ることが多いでしょう。紫斑などが出ていない段階で痛みがあると、アレルギー性紫斑病と分からずに診断されることもあるため、症状が変わったりした場合には再度病院へ行った方が良い場合もあります。

スポンサーリンク