アレルギー性紫斑病の急性期

アレルギー性紫斑病の急性期

アレルギー性紫斑病の急性期

アレルギー性紫斑病は急性期には安静にしていることが大切です。急性期のアレルギー性紫斑病はどのようにして生活する事が良いのか、アレルギー性紫斑病が重症になった場合にはどのような薬剤を使用することがあるのか、小児でアレルギー性紫斑病から紫斑病性腎炎を併発してしまった場合、医療費補助を受けることはできるものなのか、などを紹介したいと思います。

 

急性期のアレルギー性紫斑病はどのように過ごすのが良いのか

急性期のアレルギー性紫斑病では安静に過ごして、運動などは避けた方が良いです。無理に動いたりすることで紫斑が増えてしまうことがあります。紫斑以外の症状がなくて、紫斑が出なくなったらとくに運動制限をする必要はないでしょう。しかし、自分で判断するのではなく必ず医師の判断を仰いだ方が良いです。

 

アレルギー性紫斑病が重症になった場合にはどのような薬剤が使用されるのか

アレルギー性紫斑病が重症になってしまうと、紫斑病性腎炎や腸重積症を発症することがあります。

 

そのような場合には、免疫抑制剤や抗がん剤などを使用して治療することもあります。

 

小児で紫斑病性腎炎になった場合には医療費補助は受けることは可能なのか

アレルギー性紫斑病は特定疾患でも難病でもないので、医療費補助や助成を受けることは出来ませんが、アレルギー性紫斑病から紫斑病性腎炎を発症して、長い期間治療が必要になる場合には、医療費補助を受けることが出来ます。

 

急性期のアレルギー性紫斑病はとにかく安静にすることが必要になってきます。急性期で紫斑が出ている時に無理に運動などをしてしまうと、紫斑がひどくなってしまうことがあります。急性期には運動制限が必要になります。

スポンサーリンク