アレルギー性紫斑病の看護計画

アレルギー性紫斑病の看護計画

アレルギー性紫斑病の看護計画

アレルギー性紫斑病は小児の紫斑病なので看護計画はきちんとたてて行うことが望ましいとされています。小児が多いアレルギー性紫斑病の看護計画はどのように立てたら良いものか、アレルギー性紫斑病の小児の看護で気を付けなければならない事とはどのような事か、アレルギー性紫斑病で併発することがある病気で怖いのはどのような病気なのか、などを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病の看護計画はどのように立てると良いものなのか

アレルギー性紫斑病は小児が多い疾患のため、看護計画は大人よりも細かに立てなければならないようです。子供は痛みなどを的確に言い表すことが出来ない事もあるため、症状などをよく目でみたりすることが大事になってきます。

 

アレルギー性紫斑病で看護で気を付けなければならない事とはどのような事か

アレルギー性紫斑病は小児がなりやすいため、痛みなどやその他重症で入院した場合のケアなどはとくにしっかりしなければなりません。家族などの付き添いがいればよいですが、いない場合などのケアをよく考えて看護しなければならないでしょう。

 

アレルギー性紫斑病で併発することがある病気とはどのようなものなのか

アレルギー性紫斑病は紫斑病性腎炎や腸重積症を引き起こすことがあります。どちらも重症になると危険な病気なため、血尿が出たり違った症状が出た場合には、速やかに医師に伝える必要があります。

 

子供などでは自分で症状が伝えられないことがあるため、家で療養する場合には保護者がしっかりとみておくことも必要です。

 

アレルギー性紫斑病は小児がかかりやすい紫斑病なので、看護計画は念入りにたてていろいろな症状などを見逃さないようにすることが大切です。またアレルギー性紫斑病から紫斑病性腎炎や腸重積症を併発することがあるため、気を付けなければならないでしょう。

スポンサーリンク