紫斑病と食事

紫斑病と食事

紫斑病と食事

紫斑病にかかってしまった時に紫斑が出ているだけなら食事制限されることはないですが、他の症状などが出ている時には食事制限されることがあるようです。どのような時に紫斑病は食事制限されることがあるのか、紫斑病に良いとされている食事などはあるものなのか、紫斑病性腎炎にはどのような食事が望ましいものなのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病は食事制限をされることはあるのか

紫斑病にかかってしまったらただ紫斑が出ているような場合であれば、とくに食事を制限されることはないです。

 

しかし腹痛があったり血尿が出ていたりするような治療が必要な場合には、食事も制限されることがあります。

 

また腎炎などを発症した場合にはより食事管理されることになります。

 

紫斑病に良いとされる食事などはあるものなのか

紫斑病をできるだけ早くよくするための良い食事というものははっきりしたものはないですが、特発性血小板減少性紫斑病などの場合には血小板の数をあげるために出来るだけビタミンやポリフェノールを摂取した方がいいと言われています。食べ物でいうと、さつまいもや大豆やトマト、プルーンなどがあり多く摂取すると良いでしょう。

 

紫斑病性腎炎によい食べ物とは

紫斑病性腎炎は腎臓に症状が出てしまう紫斑病です。腎炎を発症してしまうと食事制限されたりすることがありますが、出来るだけむくみをとってくれるような食べものがいいとされています。また色で言うと黒い色の食べ物、例えば黒ごま・のり・ヒジキなども腎臓疾患に良いとされているので、多く摂取した方が良いです。

 

紫斑病は特に紫斑が出ているだけであれば、食事制限されることはないですが、腹痛があったり腎炎を発症したような場合には制限される場合があります。出来るだけ体に良いとされているものを摂取して紫斑病が少しでも早く治るよう、心掛けていくと良いでしょう。

スポンサーリンク