紫斑病と血液検査

紫斑病と血液検査

紫斑病と血液検査

紫斑病になってしまったらまずは血液検査などをしてどのような原因があるのか、他に病気はないかどうかなどを調べていきます。紫斑病を疑っている際にはにはどのような血液検査をするものなのか、紫斑病の可能性がある場合血液検査以外の検査はどのようなものがあるのか、紫斑病は難病に指定されている病気なのかどうか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病の可能性があるような場合、血液検査はどのようなことをするのか

紫斑病になってしまった場合にはいろいろな検査をしますが、まずは血液検査は必須項目です。血小板が少なくなってしまっている場合には特発性血小板減少性紫斑病の可能性がありますし、腎炎を発症する場合などもあり、その場合にも血液検査をすれば数値などを知ることが出来ます。

 

紫斑病を疑う場合には血液検査以外にはどのような検査をするのか

紫斑病の疑いがある場合には血液検査の他に、尿検査、腎臓の病理検査、皮膚の病理検査などを行って総合的に判断していきます。基本的には紫斑が出ていることが前提となりますが、それ以外にも病気を発症している病気がないかも診断していきます。

 

紫斑病は難病指定の病気に入るのかどうか

紫斑病は全ての紫斑病が難病に入るわけではありません。アレルギー性紫斑病は難病指定にはならない病気となりますが、紫斑病性腎炎、血栓性血小板減少性紫斑病、特発性血小板減少性紫斑病は難病指定となります。

 

紫斑病を疑った場合にはまず紫斑が出ていることが前提となりますが、尿検査・血液検査・腎臓の病理検査や皮膚の病理検査なども行った上で確定していきます。紫斑病でも紫斑病性腎炎や特発性血小板減少性紫斑病、また血栓性血小板減少性紫斑病などは難病指定となります。

スポンサーリンク