紫斑病と関節痛

紫斑病と関節痛

紫斑病と関節痛

紫斑病はアザのような症状が出ることがありますが、他にも関節痛のような症状が出ることがあります。紫斑病にかかってしまうと関節痛のような症状が出ることはあるものなのか、紫斑病は運動などは控えなければならないものなのか、紫斑病はどのような種類があるものなのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病になってしまうと関節痛が出ることはあるものなのか

紫斑病の主な症状として紫斑が出る事が多いですが、他の症状として血便・血尿などの症状が出たり関節痛や腹痛などの痛みの症状も伴って出ることがあります。とくに理由がないのに関節の痛みがずっと続いたような場合には、紫斑病を疑ってみると良いかもしれません。

 

紫斑病になってしまったら運動などは控えなければならないものなのか

紫斑病になってしまった時には運動は控えたほうが良いでしょう。なぜ控えた方が良いのかというと激しく動いたりする運動をすることで毛細血管から出血して紫斑が酷くなることがあるからです。

 

もちろん紫斑病がよくなれば運動は再開することが出来ます。

 

紫斑病にはどのような種類があるものなのか

紫斑病にはいろいろな種類があり、アレルギー性紫斑病、単純性紫斑病、老人性紫斑病、血小板減少性紫斑病などの種類があり、子供が主になるものとしてアレルギー性紫斑病、高齢者がなるものとして老人性紫斑病、若い女性に発症しやすい単純性紫斑病、血小板が減少してしまうことで紫斑が出来やすくなってしまうものが血小板減少性紫斑病などがあります。

 

紫斑病になってしまうといろいろな症状が出ることがありますが、関節痛や腹痛などの痛みの症状が出ることがあります。紫斑などがあまり出ていない状態で病院に行った場合、ただの関節痛と勘違いされなかなか紫斑病と分からないこともあります。

スポンサーリンク