紫斑病と運動

紫斑病と運動

紫斑病と運動

紫斑病にかかってしまった時には出来るだけ安静にした方が良いと言われています。ですから出来るだけ運動などは避けて毎日を過ごすのが良いでしょう。紫斑病になってしまったらなぜ運動は出来るだけ避けたほうがいいのか、子供が紫斑病の場合紫斑だけが出ている時には学校へ行っても良いのか、アレルギー性紫斑病は子供がなる事が多いが中学生以上がなることはあるのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病になってしまったら運動はなぜ避けた方が良いのか

紫斑病は体の中の毛細血管がもろくなってしまうことで出血し、それが紫斑になってあらわれてしまったり全身に症状が出る病気です。ですから運動をすることで毛細血管が破れてしまわないよう安静にする必要があります。紫斑病が治ったら運動は出来るようになりますので、紫斑が出ている時には特に避けた方が良いでしょう。

 

子供が紫斑病の場合紫斑だけが出ている場合学校への登校は可能なのか

子供が紫斑病になってしまった場合に紫斑だけが出ている状態であれば、学校などの登校は可能になります。しかしこれ以上紫斑が悪くならないように体育などの授業は出来るだけ休んで、安静に生活することが大切です。

 

アレルギー性紫斑病は中学生以上でも発症するものなのか

アレルギー性紫斑病は子供がなりやすい病気で、10歳くらいの子供がなると言われていますが中には中学生になってから発症することもあります。もちろん、前にかかった事があり再発することもあります。大きくなってから発症すると、紫斑病が治るまでに時間がかかることもあります。

 

紫斑病になってしまったらとくに紫斑が出ている時には運動などは避けて、できるだけ安静に過ごすと良いでしょう。

 

運動することで出血してしまいさらに紫斑が増えてしまうことがあるからです。また、小さな子供がなりやすいアレルギー性紫斑病は中学生以上でも発症することがあります。成長してから発症するとなかなか治りにくいとも言われています。

スポンサーリンク