紫斑病とお風呂

紫斑病とお風呂

紫斑病とお風呂

紫斑病は入院するほどの腹痛や痛みなどがあった場合にはお風呂が禁止されることもありますが、普通の紫斑が出ていて家で安静にしている状態であればお風呂に入っても大丈夫です。紫斑病でお風呂に入る時に気を付けた方が良い点とはどのような事か、お風呂に入った後に何か症状が出た時にはどうしたら良いのか、紫斑病はどのような時になりやすいと言われているのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病でお風呂に入った時に気を付けた方が良いこととは

紫斑病になった場合なるべく安静にした方が良いとされているため、紫斑が出ているだけであればお風呂に入る事も可能ですが、あまり長く湯船につかったり、少しでも痛みや痒みなどを感じた時にはシャワーだけにするなどの対処も必要です。

 

紫斑病にかかっていてお風呂に入った後に何か症状がでたらどうしたら良いのか

特にお風呂が禁止されていなくても、お風呂に入った後に痛みが増して耐えられなくなったり紫斑がたくさん出てきてしまった時などには、医師に相談するのが良いです。そのままにして悪化させてしまうこともあるため、医師に状態を報告して病院に行くことが出来れば行った方が良いでしょう。

 

紫斑病はどのような時になりやすいのか

単純性紫斑病は20代の若い女性がなりやすい病気ですが、原因ははっきりとは分かっていませんが疲れがたまっていたり、生理になっている時に発症しやすいと言われています。また、時期で言うと春や秋などに発症しやすいとも言われています。

 

紫斑病はとくに紫斑だけが出ているような時には、お風呂に入っても構わないと言われていますが、腹痛があったり、出血があったりするような他の症状がある時には出来るだけ避けた方がいいでしょう。

 

湯船につかることで、紫斑が増えたり痛みが出るような場合には、湯船にはつからずシャワーですませたり、ひどくなるような時には病院へ行った方が良いでしょう。

スポンサーリンク