紫斑病が顔に出る場合

紫斑病が顔に出る場合

紫斑病が顔に出る場合

紫斑病はアザのような紫斑がでるのが一般的な症状ですが、顔にも症状が出る紫斑病もあります。紫斑病の紫斑は顔にどんな風にでるものなのか、紫斑は足の裏などにも出ることがあるものか、シェーラインヘノッホ紫斑病はどこに紫斑が出ることが多いのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑が顔にでるとどのようになるのか

紫斑病は手や足に紫斑が出やすいと言われていますが、紫斑病によっては顔に紫斑が出ることもあり、頬や口のまわりなどに広がって行くこともあります。目につきやすいところなので、感染してしまうのではないかと思われたりして精神的につらい思いをしてしまうこともありますが、とにかく安静にすることが大切です。

 

紫斑は足の裏などにも出ることがあるのか

血管性紫斑病の場合さまざまなところに紫斑が出ることがありますが、足の裏などにも紫斑が出ることがあります。珍しい症状ではありますが、中には出る人もいるようです。いろいろな大きさの紫斑が出ます。

 

シェーラインヘノッホ紫斑病はどこに紫斑が発生しやすいのか

紫斑病の中でもシェーラインヘノッホ紫斑病は紫斑が足の前のほうに出やすいと言われています。

 

紫斑病はいろいろな種類があり、種類によって紫斑が出やすいところも変わってきます。紫斑が出るだけでなく出ているところが腫れたりすることもあります。

 

紫斑病はいろいろな種類があり、紫斑病の中には顔に紫斑が出ることもあります。顔にでると湿疹と違って出血していることによってできるアザのため、なかなかすぐにひいてなくなるということがないため、見た目などで精神的につらくなったりすることもありますが、消えるまで安静にするしかありません。

 

伝染ったりすることはありませんが、まわりにきちんと理解してもらう必要があるでしょう。

スポンサーリンク