高齢者の紫斑病

高齢者の紫斑病

高齢者の紫斑病

高齢者は60歳をすぎると老人性紫斑病にかかることがあります。老人性紫斑病とは毛細血管がもろくなることによって内出血をする紫斑が簡単にできてしまう病気で、高齢者はとくにちょっとぶつけただけでも紫斑ができてしまうことがあります。高齢者がなる老人性紫斑病になってしまったら気を付けることとはどのような事なのか、高齢者はどのようなところに紫斑ができやすくなるのか、老人性紫斑の治療はあるのか、などを紹介したいと思います。

 

高齢者の紫斑病について気を付ける事とは

高齢者は老人性紫斑病にかかってしまうことがありますが、毎日のちょっとした生活での刺激が病気の原因になってしまうことがあります。紫斑が出来てしまうとなかなか消えなかったり、色素沈着をして消えにくくなることもあるため、ぶつけないように気を付けて生活すると良いです。

 

高齢者は紫斑がどの部位に出やすくなるものなのか

老人性紫斑病になるといろいろなところに紫斑が出ることがありますが、顔、手の甲、足の甲、腕などに紫斑が出やすいと言われています。色は紫色をしたような紫斑が出ることがあります。

 

老人性紫斑病の治療はどのような事をするのか

紫斑だけが出ている状態の治療は安静にすることが大切ですが、紫外線が原因で紫斑がでてしまうこともあるため、紫外線に当たらないようにする工夫も大切です。また痛みなどが伴うときには痛み止めなどを処方してもらうのもよいですが、他に病気がある場合などは医師に相談するほうが良いでしょう。

 

高齢者は老人性紫斑病になることがあり、60歳以上くらいからなる事があると言われています。

 

ちょっとした刺激やぶつけただけでも、紫斑が出来てしまうこともあるため、出来るだけ刺激を受けないように生活することが大切です。

スポンサーリンク