小児のアレルギー性紫斑病と看護

小児のアレルギー性紫斑病と看護

小児のアレルギー性紫斑病と看護

アレルギー性紫斑病は小児がなりやすく15歳以下でみられる病気ですが、自分で症状などをきちんと言えないこともあるため看護は念入りに行う必要があります。アレルギー性紫斑病の看護は小児の場合どのようにしていくべきなのか、アレルギー性紫斑病はどのような症状が具体的にあらわれるものなのか、アレルギー性紫斑病は腎炎を引き起こすことはあるのか、などを紹介したいと思います。

 

小児のアレルギー性紫斑病の看護はどのようにしていくべきか

アレルギー性紫斑病は2歳くらいからかかることがあると言われています。小児の場合自分で症状をきちんということが出来ないため、どのような部位にどのような症状が出ているか、きちんと症状などを把握する必要があり、痛みなどは出ていないか、紫斑はどの部位に出ているかなどの看護を念入りにする必要があります。

 

アレルギー性紫斑病の症状はどのようなものがあるのか

アレルギー性紫斑病はまず紫斑が出る皮膚の症状、関節などに痛みが出る症状、腹痛などがおこる症状などがあり、紫斑が出るだけであれば通院で済む場合もありますが、関節痛や腹痛などがひどい場合には、入院して薬物治療することもあります。

 

アレルギー性紫斑病は腎炎を起こすこともあるのか

アレルギー性紫斑病がよくなっても、何週間か何カ月、人によっては年単位で再発することがあります。

 

再発した時には腎炎を発症することがあり、すべての人に発症するとは限りませんが、紫斑病性腎炎になってしまうと、必ず治療が必要になってきます。

 

アレルギー性紫斑病は2歳くらいから起こることがある紫斑病で、小児におきやすい紫斑病です。

 

大人であれば症状などを細かく話すことができますが、小児は出来ない事も多いため、小児のアレルギー性紫斑病は注意深く看護することが大切です。

 

いろいろな症状を見逃さないようにするためにも、症状をくまなく調べることが大切です。

スポンサーリンク