紫斑病の薬

紫斑病の薬

紫斑病の薬

紫斑病になってしまったらそれぞれ症状に合わせて薬を飲んで治療していく必要があります。紫斑病になってしまったらどのような薬を使用して治療していくものなのか、紫斑病は保険治療できるものなのか、紫斑病はどのような事が原因で発症するのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病はどのような薬を使用して治療していくのか

紫斑病は種類によって治療していく薬も変わっていきます。アレルギー性紫斑病の場合、腹痛などや関節痛が出ることもありますが、そのような場合には飲み薬や重症の場合にはステロイド薬を使用します。血小板減少性の紫斑病では血小板を増加させなければならないため、免疫グロブリンを投与した治療を行うこともあります。

 

紫斑病は保険治療できるものなのか

紫斑病は保険制度を使って治療できる病気です。また紫斑病の内容によっては難病に指定されている病気ですので、難病指定制度が認められることがあります。自動で容認されるわけではなく、提出されて容認されるものですので詳細は病院などで確認した方が良いでしょう。

 

紫斑病はどのような事が原因で発症するのか

はっきりとした原因は不明と言われている紫斑病ですが、ウイルス性の病気にかかった後に子供などは発症しやすいと言われています。例えばマイコプラズマ肺炎や溶連菌感染症などがあります。また腎臓疾患などとも関連されることもあり、IgA値と関連があるとも言われているようです。

 

紫斑病はどのような薬を使用して治療していくのかというと、紫斑病の種類によっても変わってきますが紫斑だけが出ているような場合は経過観察だけで特に薬は使用しない事が多いようです。腹痛や関節痛などが酷い場合には痛みどめや重症の場合にはステロイド薬を使用することなどもあります。

スポンサーリンク