紫斑病の再発

紫斑病の再発

紫斑病の再発

紫斑病は一度治ってもまた再発してしまうということが考えられる病気です。紫斑病はどのような際に再発することがあるのかどうか、紫斑病は一度良くなってもどのような合併症に気を付けなければならないのか、紫斑病が再発した場合どのようなことに気を付けなければならないのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病は再発することがあるがどのような場合に再発するのか

アレルギー性紫斑病の場合には治療して良くなることが多いですが、数週間、数カ月、数年後に再発する可能性があります。また紫斑病性腎炎の場合には大人がなりやすい紫斑病になりますが、一度腎機能が低下するとまた再発のリスクも高くなります。なかなか治療方法が確立されていないことも再発しやすい理由となります。

 

紫斑病は良くなっても合併症になりやすいと言われるがどのようなものがあるのか

紫斑病は回復しても、合併症を併発することがあるため注意が必要です。どのような合併症があるのかというと、紫斑病性腎炎にかかることがあり、紫斑病にかかった人の半分くらいの人に起こる可能性があるといえます。

 

また子供よりも大人の方が紫斑病性腎炎にかかりやすいと言われています。他には腸重積症の合併症が起きることもあり、放置すると命に関わる事もあるためすぐに病院へ行くようにした方が良いでしょう。

 

紫斑病が再発した場合どのような事に気を付けるべきか

紫斑病が再発したという症状をまずは見逃さないようにすることが大切です。再発した場合には腎炎を伴うことが多いため、再発がなかなか分からなかったりして重症になってしまった場合には人工透析を受けなければならなくなってしまうことがあるからです。

 

紫斑病はいったんよくなっても、再発してしまうことがある病気です。再発は個人差があり勿論でない人もいますが、数週間、数カ月、数年たって出ることがあります。再発すると半分近くの人が腎炎を伴うことがあるため、再発を見逃さないようにすることもとても大事な事といえます。

スポンサーリンク