紫斑病の看護

紫斑病の看護

紫斑病の看護

紫斑病の看護にはどのような看護が必要なのかというと、紫斑病にはさまざまな種類があるためその種類ごとによって看護の内容を把握しておく必要があるでしょう。アレルギー性紫斑病の看護はどのようにしていくものなのか、特発性血小板減少性紫斑病の看護はどのようにしていくものなのか、老人性紫斑病の看護はどのようにしていくものなのか、などを紹介したいと思います。

 

アレルギー性紫斑病の看護について

アレルギー性紫斑病は子供が多い疾患なので、看護がとても難しくなります。痛みなどが出ている場合に入院することがありますが、違う症状は出ていないか、紫斑がさらにひろがっていないか、薬を飲ませるほどひどくなっているのかどうかなどの看護を見極める必要があります。

 

特発性血小板減少性紫斑病の看護について

特発性血小板減少性紫斑病の看護は血小板が減少していることから注意深く看護していかなければなりません。

 

止血機能が低下しているため出血しやすい環境になるため、出血をしないように看護していく必要があります。

 

歯茎などからの出血などの歯磨きなどにも気を付けた方が良いです。また採血する時にも気を付けた方が良いでしょう。

 

老人性紫斑病の看護について

老人性紫斑病の看護で気を付けていきたいことは、ちょっとした衝撃でも皮下出血を起こしやすくなっているため紫斑が出来やすくなります。ですから日常生活でも何かにぶつかったりしないように看護していく必要があります。また他の病気を併発していないか検査などもしていくとより良いでしょう。

 

紫斑病にはいろいろな種類がありますが、それぞれ種類によって看護の内容が少しずつ変わってくることがあります。看護しなければならない事を念頭において、きちんと看護できるように内容を把握すると良いでしょう。

スポンサーリンク