紫斑病と皮膚科

紫斑病と皮膚科

紫斑病と皮膚科

紫斑病は難病指定を受けている病気ですが、自分が紫斑病かどうかは病院で診てもらわないとわからないです。

 

では紫斑病とはどのような症状が出る病気なのか、紫斑病かもしれないと思った時には皮膚科に行くべきなのか、紫斑病は子供にも大人にもある病気なのか、などを紹介したいと思います。

 

紫斑病はどのような症状が出る病気なのか

紫斑病はどのような症状が出るものなのかというと、肌にアザのようなものが出たりすることが多いですが、発疹などの他に腹痛が起こったりすることもあります。とくにぶつけた記憶もないのにアザなどがたくさん出てきているような場合には紫斑病である可能性が高くなります。

 

紫斑病かもしれないと思った時には皮膚科にいくべきか

紫斑病はアザのようなものが出てくる症状が出るため、皮膚の病気だと思って皮膚科へ治療へ行った方が良いと思う人も多いと思いますが、腎臓に疾患があることもあるため、総合病院で診察した方が良いです。小さな病院ですと治療できず大きな病院を紹介されることもあります。

 

紫斑病は子供も大人もなる病気なのかどうか

紫斑病はいくつかの種類があり、アレルギー性紫斑病は発症する年齢がだいたい3歳くらいから10歳くらいと言われています。また高齢者におこりやすい紫斑病は老人性紫斑病というものがあり、それぞれの種類にわかれていますが、大人も子供も発症します。

 

紫斑病はシミやアザのような見た目になることがあるため、皮膚科で診察してもらったほうがよいと思われがちですが、難病ですのでいろいろな原因が考えられることがあります。ですから皮膚科ではなく総合的にいろいろな科がある総合病院へ診察にいくことをお勧めします。また紫斑病は大人にも子供にも起こる病気です。

スポンサーリンク