慢性色素性紫斑と運動

慢性色素性紫斑と運動

慢性色素性紫斑と運動

慢性色素性紫斑は紫斑の中でも静脈瘤などと合併して起こることがあると言われている病気です。紫斑は立ち歩いたり動くことで広がっていく傾向があり、慢性色素性紫斑となった場合運動などはして良いものなのか、どのような点に気を付けたらいいのか、痛みなどはあるものなのかなどを紹介したいと思います。

 

慢性色素性紫斑と運動について

慢性色素性紫斑は長時間立ち歩いたり動くことで悪化することがあるため、運動などは出来るだけ控えた方がよいでしょう。軽くストレッチをしたり下肢の血液循環が良くなるようなことをする分には良いです。

 

足の負荷を減らしたり、寝る時には足を高くして寝るなどの配慮をするとだいぶ違ってくるようです。

 

慢性色素性紫斑はどのような点にきをつけたらいいのか

慢性色素性紫斑はなかなか完治が難しいと言われていて、見た目にも紫斑が広がって行くため、気になることもあります。紫斑が広がることでストレスがたまったり、不安を覚えたりすることも多く、医師に相談するということも必要かもしれません。ステロイド外用薬で良くなる傾向があるようですが、ステロイドは副腎皮質ホルモンなので決められた容量などはきちんと守るようにしましょう。

 

慢性色素性紫斑は痛みがあるのか

紫斑が出るものの痛みなどは基本的にないものとされています。また、伝染性のものでもないためうつることもなく遺伝するものでもありません。

 

慢性色素性紫斑は長く歩いたり激しい運動などをすると下肢に紫斑が広がっていくことがあり、出来るだけ運動などは避けて安静に生活した方が良いでしょう。軽いストレッチくらいの運動であれば大丈夫ですがそれでも何か症状が出るような場合には避けた方が無難です。これといった有効な治療がないため、出来る限り足などを使いすぎないように気を付けることが大切です。

スポンサーリンク