慢性色素性紫斑は完治するのか

慢性色素性紫斑は完治するのか

慢性色素性紫斑は完治するのか

慢性色素性紫斑は下肢に紫斑が出たり治ったする病気で、慢性とついているだけあり、なかなか完治しない病気と言われています。完治までの道のりは長いですが、悪性ではないと言われ命に関わるものではありません。

 

慢性色素性紫斑は完治するものなのか、慢性色素性紫斑の診断はどのようにするのか、また慢性色素性紫斑は遺伝するものなのかなどを紹介したいと思います。

 

慢性色素性紫斑は完治するのか

慢性色素性紫斑は、これといった治療法は決まっていることがなく、特に治療をしない場合もあります。

 

完治するための根本の治療があるわけではないため、症状が出た時に対処するような対処療法となります。

 

慢性的に下肢に紫斑が出たり広がったりするため、なかなか完治が難しいとされていますが、自然に良くなっていくこともあります。

 

慢性色素性紫斑の診断はどのようにするのか

慢性色素性紫斑の診断は基本的には症状をみて、診断するという方法でしょう。病理検査などをすると炎症などが見られることがあり、出血傾向であることが分かります。しかし体の中の臓器から出血しているわけではないのであまり心配はいらないでしょう。

 

慢性色素性紫斑は遺伝するものなのか

慢性色素性紫斑になる原因は不明とされているのと、原因として静脈圧が要因とされていたり、衣類などの接触によって起こるなどといわれているため遺伝性のものではないでしょう。

 

慢性色素性紫斑は、下肢に紫斑が慢性的に出ると言われている病気のため、これをしたら完治するというような病気ではありません。対処法はいろいろとありますが、一長一短でよくなったり悪くなったりを繰り返す場合が多く、完治までの道のりは長いと考えられています。しかし自然によくなっていくこともあるでしょう。

スポンサーリンク