慢性色素性紫斑の治療

慢性色素性紫斑の治療

慢性色素性紫斑の治療

慢性色素性紫斑の治療とは特にこれといった治療法は決まっておらず、対処療法が治療となることが多いようです。

 

どのようなものが治療に効果的と言われているのか、どのような症状がでるものなのか、どのようにする予防法が良いのかなどを紹介したいと思います。

 

慢性色素性紫斑の治療について

とくにこれといった根本的な治療は残念ながら内容です。対処療法をするしかないですが、ステロイド外用薬を使用することで効果があるといった事もあります。他には止血薬や血管強化薬などを使用して対処する場合もあります。

 

慢性色素性紫斑はどのような症状が出るものなのか

慢性色素性紫斑は慢性的なものとなっていくため、急性ですぐに完治するということは少ないです。

 

点状の紫斑が下肢にみられることが多く、進行すると色素沈着が起こります。慢性的に繰り返されると、下肢の他に大腿部、腰臀部などにもひろがっていくことがあります。痒みは症状によって違いますがあまりない場合が多いようです。

 

慢性色素性紫斑の予防について

紫斑が下肢に出ることが多いため、出来るだけ紫斑が出ているような時には出歩いたりしないようにするということが対処法となり、予防法としても無理にたくさん運動したり、歩きすぎたりしないようにするということが大切になります。また足を高くして寝るというようなことも予防の一つです。

 

慢性色素性紫斑は決められた治療法がないため、対処法で治療していくしかない病気です。出来るだけ下肢を使わないようにしたり、足を高くして寝るというような予防方法を取りいれて、紫斑が出ないようにしていくことが重要です。ステロイド外用薬が有効であるともいわれていますが、ステロイドは副作用が出やすい薬なため、医師の処方をきちんと守って使用する必要があるでしょう。

スポンサーリンク