慢性色素性紫斑とは

慢性色素性紫斑とは

慢性色素性紫斑とは

慢性色素性紫斑はあまり若い人にはみられなく中年以降に発症しやすい病気で、色素沈着や毛細血管拡張、点状出血が下肢部分に起こるなどの症状が見られる病気です。主に慢性化するものとされています。

 

どのような症状がみられるものなのか、慢性色素性紫斑はいくつかの型に分けられるとしたらどんな型があるのか、治療はどんなものがあるのかなどを紹介したいと思います。

 

慢性色素性紫斑とは

慢性色素性紫斑とは、点状の紫斑が下肢部分に主に出来る病気で、慢性化しやすくなり色素沈着が起こってくる病気です。紫斑がみられますが、内臓などからの出血などはないものです。原因は不明であることが多いとされ、薬剤が原因であったりすることもあるとみられています。

 

慢性色素性紫斑はいくつかの型に分かれるとどのようなものがあるのか

慢性色素性紫斑は、シャンバーグ病、血管拡張性環状紫斑、紫斑性色素性苔癬状皮膚炎、掻痒性紫斑などに分かれ紫斑の種類によって分類されているようです。症状がどうして違うのかという点においては、今現在も解明されていないようです。

 

慢性色素性紫斑の治療について

慢性色素性紫斑は原因がはっきりしていないために、確率された治療方法というものはないようです。

 

しかし下肢に紫斑などがみられたら、そのままにせずにきちんと医師に診てもらう必要があります。ステロイド外用薬などが処方されることもあります。

 

慢性色素性紫斑は中年以降に発症しやすいもので、点状の紫斑が下肢に出やすくなる病気です。下肢に出来るだけ負担をかけないようにするということが大切で、これといった決まった治療法がないため、対処療法をすることになります。男性と女性では、男性の方がやや発症率が多いと言われています。

スポンサーリンク