老人性紫斑病の予防

老人性紫斑病の予防

老人性紫斑病の予防

老人性紫斑病とは、60才過ぎの高齢者が少し打撲などをしただけで紫斑が出来てしまうという病気です。

 

肌の弾力などもなくなっていくことや、毛細血管の抵抗力が減少してしまうために起こると言われています。

 

老人性紫斑病を予防する方法とはどのような方法があるものなのか、どのような治療があるのか、どのような場所に現れやすいのかなどを紹介したいと思います。

 

老人性紫斑病の予防

老人性紫斑病は、皮膚がとても弱くなって薄くなることから内出血などが起こり紫斑が発生し起こると言われています。

 

肌をみずみずしく保つためにも、体の中から健康にしていかなければなりません。予防するためには、出来るだけ皮膚に良いとされている栄養素を摂取するようにした方が良いでしょう。持続して摂取することで、予防することが出来るようになるでしょう。

 

老人性紫斑病の治療とは

特に治療は必要とされているわけではなく、次第に消えていくのでそのままにしておいても大丈夫なので治療は不要です。しかし発症する時にはあっという間に発症してしまうため、老人性紫斑病が出来ないようにするということが大切です。

 

どのような場所に老人性紫斑病は現れやすいのか

老人性紫斑病は前腕部分から、手や背に現れやすいと言われています。特に前腕は毎日の生活で良く使用する部分であり、ちょっとした刺激や打撲などから老人性紫斑病になることがあります。ぶつけない顔などにも現れる場合があります。

 

老人性紫斑病はとくに治療が必要な紫斑病ではありませんが、皮膚や血管をじょうぶにするという予防が大切な病気です。出来るだけぶつけないようにしたり、皮膚を健康に保つために、いろいろな栄養素を摂取したりすることがとても大切です。老人性紫斑病が現れるようになったら、血管が老化してきたと考えるようにした方が良いでしょう。

スポンサーリンク

関連ページ

症状
原因
治療方法