血栓性血小板減少性紫斑病の原因

血栓性血小板減少性紫斑病の原因

血栓性血小板減少性紫斑病の原因

血栓性血小板減少性紫斑病は100万人に4人程度といわれている大変に難病と言われている病気ですが、先天性のものと、後天性が原因のものがあると言われています。先天性は遺伝子異常ですが、とてもまれな疾患です。

 

血栓性血小板減少性紫斑病の原因はどんなところにあるものなのか、血栓性血小板減少性紫斑病は遺伝するものなのか、日常生活で気を付ける事とはどのようなことなのか、などを紹介したいと思います。

 

血栓性血小板減少性紫斑病の原因

血小板血栓が詰まってしまうことによって起こると言われている病気で、原因として先天性の場合には遺伝子が原因と言われています。後天性の場合には骨髄移植をすることが原因で起こることがあったり、他の手術が原因で起こることもあると言われています。

 

血栓性血小板減少性紫斑病は遺伝するものなのか

先天性である場合には、遺伝すると言われていますが、後天性で血栓性血小板減少性紫斑病を発症した場合には遺伝するとは言われていないようです。ですから遺伝するとしたら先天性のみとなります。

 

血栓性血小板減少性紫斑病で日常生活で気を付けることとは

先天性の場合には、定期的な状態で輸注をしなければならないのできちんと治療を受ける必要があります。また、後天性のような輸注が必要ない場合にも、ウイルス感染症などが原因で発作などが発症するような場合があるため、再発なども気を付けなければならないでしょう。

 

血栓性血小板減少性紫斑病は、先天性のものと後天性のものがあります。先天性のものは遺伝すると言われていて、後天性のものは遺伝することはないとも言われています。どちらにしろ100万人に発症が4人程度といわれているとてもまれな難病とされている病気です。

スポンサーリンク