特発性血小板減少性紫斑病と生理

特発性血小板減少性紫斑病と生理

特発性血小板減少性紫斑病と生理

特発性血小板減少性紫斑病を発病した女性は、血小板が減少することで血が止まりにくくなり、生理の量が多くなったりすることがあります。生理の量が多くなって止まらなくなってしまった時にはどうすればよいのか、特発性血小板減少性紫斑病は女性に多い病気なのか、特発性血小板減少性紫斑病で出産は出来るものなのかなどを紹介したいと思います。

 

特発性血小板減少性紫斑病と生理について

特発性血小板減少性紫斑病を発症した女性は生理の量が増えてしまうことがあり、貧血の原因となってしまうことがあります。そのような時には血小板の数を増やす治療が必要となるため、普段よりも生理過多になっているような時には注意が必要です。

 

特発性血小板減少性紫斑病は女性に多いのか

特発性血小板減少性紫斑病は急性型の場合は子供がかかる割合が多いですが、慢性型の場合は大人が9割です。

 

その中でも1:3の割合で女性が多く、男性の2倍近くの発症率とされています。20〜40才代の女性が発症のピークと言われているようです。

 

特発性血小板減少性紫斑病で出産は可能なのか

特発性血小板減少性紫斑病で出産する場合にはいろいろなリスクが伴います。まず出血しやすいため、出産時に大量出血してしまう可能性があり、血小板が少ないまま出産すると最悪死に至ることがあります。ですから、血小板を増やす治療をしながら出産に備える必要があります。分娩の方法は必ず主治医の先生や産科の先生と相談の上決めるようにした方が良いです。

 

特発性血小板減少性紫斑病は女性に多い病気ですが、生理が止まりにくくなったり、出血過多になることも多く貧血になりやすいため、症状がひどい場合には、血小板を増やす治療を行わなければなりません。また、出産時にも血小板が減らない治療をしながら出産に備えなければならないでしょう。

スポンサーリンク