特発性血小板減少性紫斑病と血小板輸血

特発性血小板減少性紫斑病と血小板輸血

特発性血小板減少性紫斑病と血小板輸血

特発性血小板減少性紫斑病で様々な方法の治療を試してもなかなか血小板の数値が増えなかったり、全身からの出血傾向が強かったり、血小板が急激に少なくなっているような場合には血小板輸血やガンマグロブリン大量療法が行われることがあります。

 

どのような時に血小板輸血などを行うのか、血小板輸血で気を付けることとは何か、血小板輸血で副作用などがあるとしたらどのようなことなのか、などを紹介したいと思います。

 

特発性血小板減少性紫斑病と血小板輸血について

特発性血小板減少性紫斑病で血小板輸血を行う場合には、脳内に出血が起こっていたり、消化管に出血が起こっているような場合に適用されます。また、出産前や手術前にも行われたり、緊急に治療が必要になっている人などにも血小板輸血が適用されます。

 

血小板輸血で気を付けることとは

血小板輸血は長期の効果をのぞむことが残念ながらできないため、短かい時間で機能が失われてしまいます。

 

そのため血小板輸血だけでは効果が薄くなるため、ガンマグロブリン大量療法が必要になる場合があります。

 

また感染症のリスクなども考えられるので気を付けなければならないでしょう。

 

血小板輸血での副作用について

副作用としては、アレルギー反応や発熱など発疹などが現れたりすることがあります。他には血圧が低下したり呼吸困難などが起こることもあるでしょう。

 

特発性血小板減少性紫斑病では様々な治療法があり、ひとつひとつ効果がなければ違う治療として行っていきますが、全身からの出血などがある重度な場合、急激な血小板低下などが認められた時には、血小板輸血が行われます。血小板輸血は短時間しか効果が持たないため、気を付ける必要があります。

スポンサーリンク