特発性血小板減少性紫斑病に効く漢方薬

特発性血小板減少性紫斑病に効く漢方薬

特発性血小板減少性紫斑病に効く漢方薬

特発性血小板減少性紫斑病は自己免疫疾患ですが、漢方薬が効果的に効く場合があります。どのような漢方薬が特発性血小板減少性紫斑病に効果的なのか、漢方で効くものはどれなのか、漢方薬を飲む場合に気を付けることはどんなことなのか、などを紹介したいと思います。

 

特発性血小板減少性紫斑病と漢方薬について

特発性血小板減少性紫斑病はあざなどが出来やすい病気です。また出血なども多い場合、「脾」という部分の機能がよくないこととされています。西洋医学でいう脾臓の部分です。この脾の部分に効果的な漢方薬を服用することで、特発性血小板減少性紫斑病にも効果があるとされています。

 

特発性血小板減少性紫斑病に効果的な漢方薬

出血などがある症状に効くものとして、「帰脾湯」や「補中益気湯」などの漢方薬が、脾臓の働きを整えてくれると言われています。血小板減少が起こる要因としては、血が足りないと考えられています。その血液が造られる場所は骨髄と肝臓です。肝臓と骨髄に効果がある漢方薬を飲むことで特発性血小板減少性紫斑病が改善されていくでしょう。

 

漢方薬を飲むにあたり気を付けることとは

漢方は特発性血小板減少性紫斑病にも効果があると言われていますが、出血量がとても多かったり、あざが多く出現しているような時には、まず担当医師に相談などをしてから漢方などを服用するようにしたほうが良いでしょう。

 

特発性血小板減少性紫斑病は脾臓部分に効果があるといわれている漢方薬を服用することで、効果が出るとも言われています。しかし出血がとても多かったりするような時には、漢方薬を先に自己判断で飲むのではなく、病院で必ず医師に相談してから服用するようにした方が良いでしょう。

スポンサーリンク