特発性血小板減少性紫斑病と白血病

特発性血小板減少性紫斑病と白血病

特発性血小板減少性紫斑病と白血病

特発性血小板減少性紫斑病も白血病も血小板の数が少なくなる病気です。特発性血小板減少性紫斑病を発症した場合まずどのような病気を疑うのか、特発性血小板減少性紫斑病と白血病の似ている症状はどんなところなのか、日常生活で気を付けることはどんなことなのかなどを紹介したいと思います。

 

特発性血小板減少性紫斑病と似ている病気について

特発性血小板減少性紫斑病を発症した場合、まず他に似ている疾患ではないかどうかを確認します。

 

例えば白血病、膠原病、薬剤性血小板減少症、再生不良性貧血などの血小板が減る病気です。あざなどや出血がない場合でも血小板減少症などになっている可能性があります。

 

特発性血小板減少性紫斑病と白血病の似ているところ

どちらも出血傾向があり、いろいろなところから出血するようになります。またリンパの腫れなども起こるようになります。似ているので分かりにくいですが、きちんと詳しい検査をすることでどちらの病気か確定できるようになります。

 

日常生活で気を付けること

特発性血小板減少性紫斑病も白血病も血小板が減少する病気です。これらの病気は血小板の数が減らないように、気をつけながら生活しなければなりません。特発性血小板減少性紫斑病の場合、風邪などがきっかけでも血小板が減少することがあるため気を付けなければならないです。また、激しいスポーツなどをして打撲などをするようなことは避けなければならないでしょう。

 

特発性血小板減少性紫斑病や白血病は、血小板の数が減少して出血がとまりにくくなるといった症状が現れる病気です。特発性血小板減少性紫斑病は紫色のアザが出ることで確定しやすくなりますが、白血病も似たような症状があることから、初期に同じような症状が起こった時には、詳しく検査してもらうようにしましょう。

スポンサーリンク